TOPへ

溶液栽培へ

土耕栽培について
ガーベラの栽培方法

大きく分けて土耕栽培 水耕ロックウール栽培があります
それぞれの特徴は

             
   土耕栽培         ・花持ちがよい        
                  ・経費がかからない
                  ・廃棄物が少ない   


   水耕ロックウール栽培 ・立ち枯れ、病気になりにくい
                  ・採花本数が多い
                  ・収穫などの作業が楽   

土耕栽培では長年同じ土壌でガーベラを栽培していると連作障害を起こしてしまいます
それで水耕栽培にせざるを得ない場合が多いのです
        
ではなぜTOKIYA GERBERAは土耕栽培か?

時也は7年前に苗の買い付けと先進地視察でオランダに行きました
そこでの日本の何倍もの広さの温室での水耕栽培の様子に衝撃を感じました

しかしオランダ方式をそのまま日本に導入するわけには行きません
自分の温室に目を向けてみるとガーベラは枯れることなく咲いています
何年もかかって良質の堆肥 土壌改良材で微生物を大事に育ててきた土が生きています
この土を生かしきることこそ本来のあるべき栽培方法ではないか
何も最先端の設備にこだわる必要はないのではないかと思います

そして土耕栽培の利点を最大限生かすには養液土耕が最も適していると思いました

養液土耕栽培とは?

養液栽培とは別名点滴栽培といわれるように
少量の水を回数を多く与えるように制御する方法です(少量 多潅水)
それによって土壌中の水分量が常にほぼ一定に保たれ、
作物へのストレスを極力抑えることができます

肥料も有機液肥で与えるので
水同様必要な量を過不足なく与えることができ
作物にとって最適な環境を作り出します

その様子はこちらからご覧ください


 TOPへ  溶液栽培へ